建学の理念

本校の建学の理念は「美と創造の結神」を基本として、豊かな情緒と個性的な想像力を備えた人間形成にあります。その建学の基本理念に基づく精神は、「真・善・美」という言葉で表されています。 「真」とは真実のものを見極める心を養うことであり、「善」とは良いものに対して敏感になること、 そして、「美」とは鋭い美意識の習得を意味します。

校是「美」「善」「真」書:橘流寄席文字・江戸文字書家 橘右之吉氏

好きなテザインを楽しみながら、伸び伸び学んでください。

本校の建学の精神である「真・善・美」は、美の創造を通して感性を磨き、美しいものを美しいと素直に認められる心豊かな人間性を養うことを意味しています。
皆さんも「好きこそ物の上手なれ」ということわざをご存じのことと思い ます。誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関しては勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものです。好きであれば実践経験豊かな先生方の指導により専門知識や技術の学びは必ず身につきます。しかし、一人の人間として向上することはどうでしょう。皆さんが我が校に入学したら、山脇が最終学歴となるかもしれません。
現在、日本人の平均寿命は80歳を超えており、定年年齢も事実上65歳 としている企業も多く 、計算上は卒業後、今までの人生の倍以上の年数を社会人として働いていくことになります。
山脇の教育は単に専門知識や技術の習得だけを目標としていません。 人間性豊かな思いやりのある人材を育み、一人の社会人として、将来のデザイン業界を支えていけるような人材の輩出をめざしています。勿論、3年間の学習の最終目標である就職への対策も万全です。「山脇へ入学して良かった、山脇で勉強できて良かった」と思い自信を持って巣立っていける学生を一人でも多く育てることに教職員が全力で取り組んでいきます。

学校長 横山芳明

学校長横山芳明